スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボジー

週末は映画館に行ってきました!
ヒロイン役の吉高由里子にちなんで、
ハイボールも飲みました♪

「 ロボジー 2012年 日本 」

見どころはやっぱり大学での講演会でしょう!
知識と知識が集まって新し物ができる瞬間が
とてもワクワクしました!

ロボット作りの苦労を知ると、
人間の体のすごさを改めて感じますね!

二足で歩いたり、走ったり、
ロボットにはなかなか実現できないことも、
人間なら1歳の子供でもできます。

高感度のセンサーでもなかなか検出できない光も、
人間の目ならたった10個の光子があれば検出できます。

体の中では一体何が起こっているのでしょうね!

ロボットにはやっぱり夢があります!

スポンサーサイト

図鑑に載ってない虫

出張の帰り、オヤジ風先輩に直帰していいか尋ねました。
すると、「それがベストや~」

・・・!?

オヤジ風先輩は普段は真面目なのに、
突然高度なだじゃれを言うので油断できません!

「 図鑑に載ってない虫 2007年 日本 」

それから、

ネタ映画の中に本格ホラーを入れるのは本当にやめてください!
心臓が止まるんじゃないかと焦ります!

それと、おやしらず!

昨日まで何もなかったのに、突然腫れだすのはやめてください!
歯茎が上下の歯にはさまれて泣きそうです・・・。

明日が終われば久しぶりの休日です!
気合入れて寝るぞ~!!!

サンシャインクリーニング

テレビやラジオの電波はいったいどこまで届いているのでしょう?

もちろん遠くなれば検出できませんが、
小さく見えなくなりながら、
宇宙の彼方まで届いているのでしょうか?

「 サンシャインクリーニング 2009年 アメリカ 」

実は、中高時代、ラジオのはがき職人をしていました!

とある番組に大喜利のコーナーがあって、
実は読まれたこともあります♪

最近はケータイ大喜利に挑戦してますが、
競争が激しすぎて全く読まれません!
これが全国の壁なのか・・・?!

悔しいけど確かに面白いので、
最近の名作をプレイバックしてみましょう!

お題 その1
近所が「しょうもないことするな!」イタズラ家族 何をした?
答え
「田中」という表札を「油虫」に書きかえた
(なんか地味に嫌です・・・)

お題 その2
全校生徒から「何だか不気味」と言われる恐川貞子先生ってどんな人?
答え
テスト範囲の「ここ出るから」が違う意味に聞こえる
(こわい!こわい!)

お題 その3
「ははぁ~ この先生、電車好きだな」その理由とは?
答え
話が脱線しない
(名探偵か!)

お題 その4
なんじゃそれ!「小6国語」テレビ欄に書かれた見出しとは?
答え
明日使える罵声
(見たい!)

レベル高すぎ!
いいな~!

私のギャグも電波に乗って
今でも宇宙を飛び交っているのでしょうか?

いつか光より早く移動できるようになったら、
電波の先回りをして、もう一度ラジオを聞いてみたいです!

アフタースクール

愛のを告白したことありますか?
告白は人生のちょっとした一大イベントですよね!

私の人生初告白は「手紙」でした!

「 アフタースクール 2008年 日本 」

しかし、ラブレターというのは一つの罠のようです!

実は同級生のいたずらだったり。

好きな子から手紙をもらって歓喜したら、
「○○に渡して・・・」
というフェイントだったり。

手紙を下駄箱に入れておいたら、
破られた挙句、近くにあったゴミ箱に捨てられたり!!!!(泣)

とにかく、幸せになったという話を聞いたことがありません!

ところが、最近の中高生は、
「メール」で告白することが多いようです。
しかも、これがよく成功している!

同じ文字で伝えるにしても、メールならいいのか!?謎です!

しかも、あいつらは携帯電話のおかげで、
家に電話したとき、親が電話に出てちょっと気まずい
みたいなこともないんですね。
ずるいぞ~!

運命じゃない人

ある朝目が覚めると、携帯電話が洗濯機の中で回っていました。
なんてことありますよね!

実はおとついの話です・・・!

「 運命じゃない人 2005年 日本 」

「なんかごめんね」

一見、謝罪の言葉でありながら、
実は謝る気なんて微塵もない。
完全勝利を宣言する言葉ですね!

あのとき携帯電話は言っていました。
「私、水はダメなの。なんかごめんね。」
気合で何とかしろ!

見せかけの言葉は他にもいます!

「行けたら行くわ」

この、もしかしたら来てくれるかも・・・
という雰囲気にだまされてはいけません!
本当に来る可能性は限りなくゼロです!
漢なら 「きたぜ~!」 くらいの根性見せろ!

いまさらですが、今日は普通の映画です。

893のボスが何気ない感じで
ベッドの下から女の資料を見つけるシーンがgood!

霊幻道士

今日は残業のため、映画を見れず・・・。

最近気づいたのですが、
実はアジアにもゾンビっているんですね!

そう、キョンシーです!

「 霊幻道士 1985年 香港 」

映画に初めて登場したキョンシーは、
大きな恨みを買った富豪が、
風水的に誤った方法で埋葬をされ、
供養もろくにされなかったことで誕生しました。

つまり、 呪いのかたまり みたいなもんですね。

西欧の映画だと、さもおぞましい怪物にでも変身しそうですが、
実際に墓から出てきたのは、

両手を前に突き出し、
両足ジャンプで移動する、
あの 愛らしい怪物 です!

それでいいのか?!中国人!

中国人の考えることはわかりませんが、
ゾンビにある憎みきれない 愛らしさ を、
どこかで感じ取っているのかもしれませんね!

ゾンビ処刑人

はじめまして。

私は映画をよく見るのですが、
ただ見るだけではもったいない気がして
見た映画の記録を残していくことにしました。

最近のマイブームはゾンビです!

「 ゾンビ処刑人 2009年 (アメリカ) 」

これはいい映画!
ゾンビはホラーだけどホラーだけじゃないんです!

友人や家族、恋人が死んでしまって、埋葬した後、
もし、その人が地面からはい出してきたら?

あなたはその人の首を切断して
胸にくいを打つことができるでしょうか?

多少(?)臭ってもかまわない!元のように暮ら死体!
それが悲劇になろうとも・・・。

ゾンビは悲しい生き物です。
いや、生きているのかどうかよくわかりませんが。

ゾンビも食べないと生きていけません。
ただちょっと食欲が旺盛で、
ニンゲンの血がゴハンなだけなんです。

ちょっとお腹が空くと、家族も、友人も、恋人でさえ、
とっても美味しそうなゴハンに見えてくる。
まるで漫画でしょう?ギャグでしょう?

最後にゾンビだじゃれです。

「私のコンビニはゾンビにのっとられた。」
そして、爆破された。

プロフィール

あきらぽ

Author:あきらぽ

ひきこもり気質なため
休日は家で映画見てます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。